環境への取り組み

社会への取り組み

ガバナンスへの取り組み

ESG及びサステナビリティへの取組み

当社グループは、「WE MAKE CHANGES 私たちは、未来価値を革新しつづけます。」をグループスローガンに掲げ、事業活動に取り組んでおります。

私たちは、お客様に対して、常に革新的なサービスをご提供することを使命とし、変化を恐れず、未来志向で挑戦しつづけます。また、ESG(環境:Environment、社会:Social、ガバナンス:Governance)の観点を含む中長期的な持続可能性の実現に向けた課題に取り組むと共に、これらの取組みを、リスクの減少のみならず収益機会にもつながる重要な経営課題ととらえ、企業価値の向上に努め、すべてのステークホルダーから信頼される誠実な企業を目指してまいります。

当社グループでは、本サステナビリティ基本方針を定め、3つの「企業活動における重要課題」を設定し、その課題解決に向けた取組を推進してまいります。また、当方針のもと、当社の代表取締役社長CEOを委員長とし、グループ各社も参加するサステナビリティ推進委員会を設置し、グループ全体の方針策定、推進体制の構築と整備、各施策のモニタリング、グループ全体の啓発活動を推進してまいります。

①持続可能なガバナンスの実現

・コンプライアンスの徹底:役職員一人ひとりが法令、規程等を遵守し、あらゆる局面において社会の一員であることを自覚し、行動してまいります。
・コーポレート・ガバナンスの強化:取締役会による経営陣の監督を強化し、事業を迅速に運営できる執行体制と透明性の高い経営の実現を目指してまいります。

②企業活動を通じた持続可能な社会への貢献

・健康経営:すべての企業活動は、そこで働く従業員があってこそ成立ちます。生産年齢人口の減少がもたらす人的資本の更なる重要性を鑑み、常に、従業員が健康かつ安全に生活でき、生きがいを持って働ける職場環境を目指してまいります。
・多様性の尊重:性別や人種、国籍、職歴、年齢などに関わらず、多様な個人が尊重され、皆が平等に活躍できる職場環境と社会づくりを目指してまいります。
・社会共生:社会の一員として、自己の利益を追求するだけでなく、企業活動を通じて、社会との共生、地域への貢献を図ってまいります。

③企業活動を通じた持続可能な環境への貢献

・環境負荷を軽減した不動産開発:グループで開発するすべての不動産に、環境に配慮した設備などを設置してまいります。
・再生可能エネルギーの拡大:太陽光発電をはじめとした再生可能エネルギーによる電力発電を推進してまいります。

SDGsの17の目標について、詳しくは「国際連合報告センター」のサイトをご覧ください。